お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米国国土安全保障省、政府への情報提供に対し新案

2003/04/17 18:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国国土安全保障省は15日、企業による政府への、インフラの脆弱性に関する情報の提供を規定する案を提出した。この規定案には、機密情報の安全性を保証する内容も盛り込まれている。

 これまで企業は、自社のインフラに関する重要な情報が情報の自由化法(Freedom of Information Act:FOIA)の下で開示を要求されることを恐れて、政府への情報提供に積極的ではなかった。そのため、昨年有効になった規定には、提供された情報はFOIAによる情報開示から免除されるとする改善案が追加されていた。だが、政府側と企業側との間で意見の不一致は残っていた。

 新しい規定案では、機密性を守るため、Tom Ridge長官が選出した担当者がデータベースの保護にあたる。担当者は、警告を発する際にある程度の情報開示を許可されている。

 今回の規定案は昨年の規定を改善したもので、当局では7月16日まで意見を受け付ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社