お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

スパム識別用の俳句文を無断で使うべからず

2003/04/07 10:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大量に送りつけられるスパムメールを識別し、必要なメールだけが受信者に届くようにするサービスを行うHabeasは、商標および著作権を侵害されたとして訴訟に踏み切った。訴えられたのは、金融サービスマーケティング会社Intermark Mediaとその子会社ほか数社。Habeasは、英文の俳句をメールのヘッダ情報に含め、それを手がかりにスパムか必要なメールかを判別するフィルター技術を開発している。数ワードからなる俳句文は同社が著作権を保有するが、それを無断使用されたとして今回の訴訟に発展した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社