お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SARS被害拡大で、モバイル勤務対応の遅れが浮き彫りに

2003/04/04 09:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 市場調査会社Gartnerは、SARS(Severe Acute Respiratory Syndrome:重症急性呼吸器症候群)の被害が20カ国近くに急速に拡大していることを受け、アジア太平洋地域の企業のリモート業務サポートが遅れていることが浮き彫りになった、と述べている。このような感染症が流行した場合のために、企業は仮想プライベートネットワーク(VPN)を敷き、デスクトップを使用する従業員にはノートパソコンや必要な通信機器を提供するといった策を講じて、自宅での労働を許可するなどし、災害時の労働力管理に努めるべきだ、としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社