お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、次の狙いは広告型検索技術

2003/04/03 17:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米SoundView Technology GroupのアナリストJordan Rohanが、「Microsoftは広告型も含めた検索技術への投資を強化しており、最終的には同社が提携するOverture Servicesの地位を奪取する可能性がある」とする調査報告を行った。

 Rohanの率いるチームが詳細な調査を行った結果、「Microsoftは完全に検索技術に照準をあてている」(Rohan)ことを確認したという。

 同報告では、このような結論に至った根拠として、Microsoftが検索スタッフを現在の3倍となる200人に増員する予定であること、同社CEOのSteve Ballmerが先週行われた公開対談で検索技術に関する戦略に言及したこと、さらに、ある社内メモの存在を挙げている。SoundViewは、Microsoftが先月開始したMSNの検索テストサイトも、同社の戦略変更を裏付けるものだと指摘している。

 「Microsoftは、独自の検索プラットフォームを開発することになるだろう。来年末までには、その技術が明らかになる」(SoundView)

 これに対し、Microsoftの戦略に詳しい関係者は「確かにウェブ検索に莫大な投資を行っている」と認めながらも、同社がOvertureとの提携を台無しにするような有料検索サービスに社内資源を投入する可能性については、きっぱりと否定した。

 「現在は、Microsoftが検索技術への投資を拡大する初期段階にある。投資の中心にあるのはウェブ検索事業だが、Overtureとの提携を何ら変えるものではない」(Microsoft関係者)

 現在、米国、カナダ、英国、日本、フランス、ドイツのMSNサイトでは、通常の検索結果とOvertureの有料広告を取り入れた検索結果が同時に表示されている。Overtureでは2002年第4四半期の売上高のうち、Microsoftとの提携による収入が3分の1を占めた。

 しかし、OvertureのスポークスマンのAl Duncanは「今回の調査報告は全くの間違いだ。Microsoftとは韓国を対象とする新たな契約を結んでおり、提携はさらに拡大している」と語っている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社