お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NTT、携帯電話やICカードで決済可能な新技術

2003/03/25 14:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT(持ち株会社)は、携帯電話やICカードで高速かつ安全に予約・支払などができるシステム「電子価値流通プラットフォーム」を開発したと3月24日発表した。

 チケット、プリペイドカード、ポイント、クーポン、会員券などの価値をデジタル化することで、ICカードやユーザーの携帯電話、PDA(携帯情報端末)が「種々の決済機能・改札機能を併せ持つ『夢の財布』に変貌する」(NTT)という。

 具体的には、公開鍵暗号を採用し、端末には公開された情報のみを格納するほか、1枚のICカードで種々の電子価値を連携して扱える技術を採用した。また、非接触高速処理を可能にするICカードブースターも開発し、すでに普及している各種デバイスとの連携を可能にしている。

 同プラットフォームは、実店舗とインターネットの両方で利用可能。NTTは実証実験などを経て、「本格的な電子価値流通サービスの実現を目指す」(同社)としている。

NTTのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社