お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ビデオゲームが患者の苦痛軽減に有効

2003/03/20 15:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国ウェストバージニア州の大学が今週、「ビデオゲームで気を紛らわせることで、患者の肉体的苦痛を軽減できる」とする研究報告を行った。医者がビデオゲームを治療に利用する日が来るかもしれない。

 研究を発表したのは、米Wheeling Jesuit大学の心理学部助教授、Bryan Raudenbush。同氏は、30人の大学生を対象に今回の調査を実施した。被験者が氷水に漬かり、何もしない状態と、ゾンビ・シューティング・ゲーム/麻雀パズルゲームのいずれかを行い、注意力を逸らした状態において、どの程度痛みに耐えられるかを調べた。

 ゾンビシューティングゲームを行った被験者は、何もしなかった場合と麻雀ゲームをした場合に比べ、1分以上も長く痛みに耐えることができたという。

 「痛み軽減の効果がみられたのは、攻撃を行うゲームだけだった」(Raudenbush)

 さらにRaudenbushは「今回の実験対象は青年だったが、子供の場合は効果が大きくなるだろう」と語る。「子供は注意力の持続時間がさらに短いため、痛みを軽減させる効果も大きくなるはずだ」(同氏)

 この研究結果は、医者や病院がビデオゲームを利用し、注射などの痛みを伴う治療中に、子供の注意を逸らすことができる可能性を示唆している。「小児科などの子供を扱う医者は、治療室にビデオゲーム機を置いておくと役立つかもしれない」(Raudenbush)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社