お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

松下電器、「HighMAT」対応AV機器を発売へ

2003/03/20 11:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は3月19日、業界で初めてHighMAT(High-performance Media Access Technology)に対応した民生用AV機器3機種を発売すると発表した。MDステレオシステムの「SC-PM77MD」、DVD/CDプレーヤの「DVD-S75」と「DVD-S35」である。

 HighMATは、Microsoftと松下電器産業が共同開発した規格で、パソコン上の音声、画像、動画ファイルなどのデジタルコンテンツをさまざまな民生用AV機器で再生できるようにするもの。

 HighMAT対応のAV機器では、パソコンで記録したJPEG、MP3、Windows Media Audio(WMA)などのデジタルデータを検索し、再生することができる。楽曲の選曲は、タイトル名、アーティスト名、アルバム名、ジャンル名など、さまざまな項目から可能。また、デジタルカメラで撮影したJPEG画像はイベント名などからも選択できる。

 MDステレオシステムの「SC-PM77MD」とDVD/CDプレーヤの「DVD-S35」の発売予定日は4月20日。「DVD-S75」は5月10日を予定する。価格はいずれもオープン。

 なお、HighMAT対応のパソコンソフトとしては「Windows Media 9 シリーズ」などが予定されている。松下電器では、「今回の3機種が発売されるまでの間に、各社で順次サポートが始まる」と説明している。

松下電器産業のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社