お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米アップル、有料音楽配信サービスを準備中

2003/03/05 15:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Apple Computerが、MacとiPodユーザー向けに有料オンライン音楽配信サービスを準備している。関係者の情報では、同社は大手レコード会社から多数の必要なライセンスをほぼ取得しているという。価格やコンテンツ保護技術などの詳細は現時点で不明である。なお、Appleは同サービスについてコメントを避けている。

 Los Angeles Times紙が最初に報じた内容によると、同サービスはApple製品ユーザーを対象とした初の合法的オンライン音楽配信サービスになる見通し。Pressplay、MusicNet、Listen.comのRhapsodyなどの多くの有料サービスはMacに対応しておらず、Apple製品ユーザーは一連のファイル交換サービスを利用してきた。

 同サービスにより、Appleとコンテンツ所有者の緊張関係にも終止符が打たれる見通しだ。両者の抗争は、AppleがiMacの謳い文句とした「Rip、Mix、Burn」(CDから音楽を取り込んで、iTunesで再生リストを編集し、CD-Rに記録する)に端を発している。

 Appleがこれまで多くの映画・音楽有料サービスの対象から除外されてきた一因は、同社が厳格なデジタル著作権管理ツールを同社製品に組み込むのを拒否したため。同社は著作権保護の問題に関して、著作権保有者の立場を支持しつつ最終的な決定はユーザーにゆだねるという中立的な立場をとろうとしてきた。たとえばiPodでは、音楽共有を1台のパソコンに限定する同期化機能が搭載されているが、この機能を無効にすれば、iPodユーザーは無制限のMacと音楽を共有することができる。

 現在iPodにコピー防止機能は搭載されていないが、包装シールには英語、フランス語、ドイツ語、日本語で、「音楽を盗用しないでください」と警告文が記載されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社