お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

楽天、事業カンパニー制と執行役員制を導入

2003/02/28 17:13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天は、3月1日より同社組織を事業カンパニー制にするとともに、執行役員制を導入すると発表した。同社はグループ会社も含めた各事業を7つの事業カンパニーにくくり、コーポレート本部として、グループ全体の経営企画を行う経営本部、人事・総務・財務などを行う管理本部、各種システム開発の効率化を行うシステムインテグレーション本部を設置する。

 各事業カンパニーの名称と目的は以下の通り。

 1. 楽天事業:「楽天市場」と関連事業
 2. トレーディング事業:オークション、中古品売買
 3. ブックス・マーチャンダイジング事業:書籍販売、商品企画販売
 4. トラベル・エンターテイメント事業:宿泊、興行・音楽チケット販売など
 5. ポータル事業:ポータル・コミュニティ
 6. ブロードバンド事業:ブロードバンドポータル、ブロードバンドコンテンツ制作
 7. 関連事業:各事業カンパニーに属さない関連事業

 執行役員制は、経営の監督と執行を分離し、コーポレートガバナンスを強化、業務執行機能を強化するのが目的という。今後は執行役員が各事業カンパニー、各コーポレート本部の業務執行にあたる。

楽天

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社