お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

動画圧縮技術DivX 5.03がリリース

2003/01/31 17:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米DivXNetworksは米国時間1月29日、動画圧縮技術の最新版DivX 5.03をリリースした。

 DivXはパソコン上で動画ファイルを符号化する際に使われる。IP(Internet Protocol)ネットワークやDivXに対応したDVDプレーヤーやハンドヘルドデバイスに、フルバージョンの動画を配信することができる。MPEG-4と互換性をもつ。

 「ユーザーは、コンテンツを符号化し、DivXの認定を受けたDVDプレーヤーや小型デバイスで高画質の動画を再生することができる」(DivXNetworksのマネージングディレクター、Kevin Hell)

 民生用電子機器メーカーは、パソコンと家庭用電化製品の橋渡しをする高度なビデオストリーミング技術に対応した製品を市場に送りだしている。DivXソフトウェアは、こうした動きに焦点を当てたもの。DivXNetworksは、半導体メーカーやデバイスメーカーと協力し、DivXをウェブだけでなく、家庭用電化製品にも広げようとしている

 「インターネット上の動画ファイルの交換で最もよく使われるフォーマットがDivXだ。MPEG-4をパソコンからホームシアターや小型デバイスにまで広げようとする動きがある中、DivXNetworksの課題はいかに消費者が使いやすいフォーマットを提供するかにある」(米Yankee Groupのアナリスト、Ryan Jones)

 DivXはDVD品質のビデオを、MPEG-2と比べて10倍小さく圧縮できるという。DivXを用いれば、圧縮したビデオをDivX対応のDVDプレーヤー、セットトップボックス、ハンドヘルドデバイス、携帯動画プレーヤー、高機能デバイスなどで再生できる。DivXNetworksは、DivXの符号化/復号機能の向上に取り組んでいるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社