お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Macのシェア、急速に拡大中--Vistaは振るわず

2008/07/04 08:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンライン調査会社Net Applicationsは、6月にAppleがMac OS Xで獲得した市場シェアが、7.94%に達したことを発表した。現在のMac OS Xの成長率が、毎月0.18%増を記録していることからすれば、Macは7月末までに、世界のデスクトップオペレーティングシステム市場の8%を確保するようになることを意味する。Linuxも、まだ0.8%と低いシェアではあるものの、引き続き上昇傾向にある。

 では、減少傾向にある、唯一の主要なデスクトップOSとは何であろうか?それはWindowsである。Inquirerが伝えているように、Macのシェアは32%増となったのに対して、実際のところ、Windows XPは1%減、Vistaはわずかに2.56%増となった。Windows全体としてはどうだろうか?Windowsのシェアは、2.45%減となってしまった。

 Macの販売ペースは、いまやWindowsの3.5倍に達している。ここで2つの大きな疑問が沸き起こる。

  • どの時点から、より急速にMacの普及スピードが増すことになるだろうか?言い換えるならば、Macの採用が、大きな転換点を迎えるのはいつだろうか?
  • Appleは、この成功に十分に備えられているのだろうか?それを望んでいるのだろうか?

 最後の疑問は、もし皆がBMWを運転するようになったらどうなるかを想像してみてほしい。BMWは、そう強く願っているのではないだろうか?おそらくはそうであろう。BMWは、準排他的な文化とも呼ぶべきものを守ろうと、懸命に努めている。Appleに関しても同じである。もし皆がMacを持つようになれば、これは変わってしまうのだろうか?それほどの人気を博しつつも、依然としてクールな存在であることは可能だろうか?

 また、Appleで高く評価されている、セキュリティ分野での優位性に関してはどうだろうか?筆者は、アーキテクチャの重要性を認識するようになっており、悪意のあるハッカーがターゲットに定めてきたとしても、AppleのUNIXベースのOSは、Windowsよりも良いアーキテクチャを持っていると確信してはいるものの、Mac OS Xが攻撃に強いという神話が崩れ去ってしまう可能性もあるだろう。

 Appleのサポートはどうであろうか?Appleのサポートは、これまで高い顧客満足度を記録してきたものの、市場シェアが5%の時と20%の時では状況が異なり、資格あるサポートスタッフを見出すのさえ、より困難になるだろうか?

 とにかく筆者は、Macのファンとして、こうした「挑戦」への用意を整えており、楽しみにしてもいる。Appleは、用意ができているだろうか?約8%の市場シェアを獲得し、引き続き伸びている現在、Appleは今後の準備を整えていく必要がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社