お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本初搭載はWILLCOM 03から--マイクロソフト、Windows Mobile 6.1日本語版を発表

2008/06/18 20:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは6月18日、携帯端末向けプラットフォームの最新版、Windows Mobile 6.1 日本語版(Windows Mobile 6.1)を発表した。電子メールなどの設定の簡易化、メッセージ機能などを強化した。

 同時に、Windows Mobile 搭載端末のセキュリティや管理性を強化する Microsoft System Center Mobile Device Manager 2008 日本語版(SCMDM 2008)の提供を開始。これらの組み合わせにより、PCと同じように Windows Mobile 6.1 搭載端末をシステム管理できることから、同端末の企業導入を加速させたい考えだ。

日本では未発表の「OMNIA」。記者発表会でも注目を集めていた 日本では未発表の「OMNIA」。記者発表会でも注目を集めていた

 Windows Mobile 6.1搭載の端末は、ウィルコムより6月27日より発売される「WILLCOM 03」が最初の端末となる。また、「Windows Mobileを搭載した端末は、OEMで拡張したものも含めて多数ある。海外のおもしろい端末を日本に持ってきたいと思っている」とマイクロソフト 執行役 常務 ビジネス&マーケティング担当の佐分利ユージン氏は語り、デモンストレーションでサムスン電子の「OMNIA」を公開した。

 OMNIAはiPhone対抗と言われるタッチパネル搭載の新端末で、Windows Mobile 6.1を搭載。東南アジアを皮切りに、各国で発売を予定しているが、日本でのリリースは未定だ。

 「Windows Mobileのライセンス出荷は、2007年度で1100万台。2008年度は2000万台を見込んでおり、安定した成長を見せている」と佐分利氏は言う。日本でも法制化された内部統制、日本版SOX法などの追い風を受け、法人の需要も強まっているとしている。

 「警視庁によれば、遺失届点数は携帯電話が年間10万件。ではデジタルでなく紙ならばいいのかといえば、書類も35万件と多い。セキュリティーは今後企業でもフォーカスの当たっていくもの。リモートでのデータ消去など、企業の内部統制には、ケータイ・PHSの管理が必須になる」として、Windows Mobile 6.1とSCMDM 2008との組み合わせによるシステム管理のしやすさをデモ解説した。

企業向けに強化したWindows Mobile 6.1 企業向けに強化したWindows Mobile 6.1

 Windows Mobile 6.1の特徴は下記のとおり。

・設定作業の簡易化
 −電子メールの設定、BluetoothのペアリングならびにWi-Fiの接続の確立などがさらに簡易化

・メッセージ機能の強化
 −SMSメッセージの閲覧性を向上: スレッド化の実現
 −受信名の自動コンプリート機能などを実装し、操作性向上

・スライドパネルの新しいホームスクリーン(Standard版のみ)
 −スライドパネル式の操作で、ホームスクリーン上で予定表やボイスメール、不在着信、新着メールの有無、さらに各種 Windows Live 機能を一目で効率的に把握・活用可能に

・Internet Explorer Mobile の機能強化
 −ズーム機能により、ウェブサイトの閲覧性が向上
 −ホームページのカスタマイズが可能に

・生産性の向上
 −タスク マネージャー ユーティリティにより、アプリケーションとプログラムの終了や切り替えや、メモリや CPU の使用率が参照可能
 −Standard版にコピーおよび貼り付け機能を実装し、操作性向上
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社