お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

HP、ドリームワークスと共同開発のカラーディスプレイ技術「DreamColor」を発表

2008/04/15 17:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LCD技術の登場により、CRTモニタはコンシューマ向けとしては旧式の技術と見なされるようになったが、写真、ビジュアルデザイン、映画制作など、いくつかの業界は無比のカラー品質を理由にいまだにCRTモニタに執着している。

 Hewlett-Packard(HP)は、この分野の通常のLCD画面の「4分の1」のコストで10億色表示可能なLCDディスプレイをビジュアルアーティスト向けに提供することで、スペースをとるCRTモニタにこだわっていた人たちの気を引こうとしている。

 ラスベガスで開催中の「2008 NAB Show」で米国時間4月14日、HPのPersonal Systems GroupのバイスプレジデントTodd Bradley氏は、DreamWorksと提携し、「DreamColor」の開発を進めていると述べた。

 この提携でHPは、LEDバックライト技術を利用した30ビットカラー表示の大画面を提供する。HP製品以外とも連携可能で、MacでもPCにも対応する。この画面は、ワークステーションでの表示、印刷など、制作プロセスにおいて色の一貫性を保つという。DreamColor技術を搭載したプリンタは、2007年に発表されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社