お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、Startkeyプロジェクトの存在を認める

2008/03/07 15:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは利用者がWindowsのすべての情報をフラッシュドライブに入れて持ち運べるようにするプロジェクトを進めている、と伝えられている。

 この件に興味を抱き同社に照会したところ、Startkeyプロジェクトの存在を確認したほか、具体的な情報も少々入手した。

 「Microsoftでは、アプリケーション、楽曲、写真、動画、個人設定、パスワードなど、使用中のWindows PCの環境をフラッシュタイプのポータブルストレージデバイスに簡単かつ安全に複写するソフトウェアの開発に取り組んでいる(コード名Startkey)。保存した環境はWindowsベースのコンピューターに取り込むことができ、任意のPCを自分がいつも使っているPCに変えることが可能になる」と同社は述べている。

 MicrosoftとSanDiskは2007年5月にSanDiskのU3 Smart Technologyに代わる製品(ハードウェアとソフトウェアで構成)の共同開発に合意している。Startkeyはこの合意から生まれたプロジェクトで、当然予想されるように、ソフトウェアをMicrosoftが、ハードウェアとセキュリティをSanDiskが担当している。

 Microsoftは米国時間3月6日、この製品は世界中の利用者に役立つだろうと述べているが、同社は富裕国と途上国の両方を視野においているのだと思われる。

 2007年の発表では、両社共同の製品は2008年下期を予定し、その成果を他のハードウェアメーカーにライセンスしたいとしている。

 MicrosoftはUSBフラッシュドライブまたはSDカードになることは明らかにしたが、技術の詳細や製品化の時期については触れず、近いうちに詳細を発表するとだけ述べた。

 同社はフラッシュデバイスからWindowsを起動するPCの開発でAsusなどのPCメーカーと協力しているが、Startkeyはオペレーティングシステム自体をフラッシュドライブに入れるわけではないと、Microsoftの担当者は述べている。

 「これは支援ソフトウェアであり、Windowsが稼働するホストコンピューターと接続して使うものだ。WindowsをUSBフラッシュデバイスに入れるのではない」と上述の担当者は言う。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社