お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2007年国内IT市場規模は過去5年で最高の12兆3050億円に--IDC Japan

2007/12/06 19:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは12月6日、国内産業分野別IT投資動向について発表した。

 発表によると、2007年の国内IT市場規模は9月に施行された金融商品取引法(日 本版SOX法)に伴い、内部統制整備のためのIT投資が増加し、前年比2.5%増の12兆 3050億円と過去5年間で最高となった。

 IT投資規模を産業分野別にみると、金融が前年比3.8%増、サービスが前年比3.2%増、製造が前年比2.7%増、流通/メディアが前年比2.7%増となっている。

 2008年は個人情報保護法、環境法制、製品安全法、会計コンバージェンスなど で内部統制強化を求められていることから、前年比2.0%増と市場拡大する見通し。

  同社のITスペンディング リサーチアナリストの市村仁氏は「ITベンダーは ユーザー企業の全体最適を重視し、自社に強みのある製品/サービスの提供だけでは なく、他社と連携して総合的なソリューションを提供することが求められる」と述べ ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社