お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フォトレポート:子どものネット利用を管理しやすくなった「Leopard」と「Vista」

2007/11/23 09:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Appleの「OS X Leopard」の新しい設定機能を利用すれば、親は子どものネット利用時間を管理したり、特定のウェブサイトや、インスタントチャット、「iTunes」といった特定のアプリケーションを利用できないようにしたり、子どもがネットで何をし、誰と通信しているかをモニターしたりできる。
Appleの「OS X Leopard」の新しい設定機能を利用すれば、親は子どものネット利用時間を管理したり、特定のウェブサイトや、インスタントチャット、「iTunes」といった特定のアプリケーションを利用できないようにしたり、子どもがネットで何をし、誰と通信しているかをモニターしたりできる。
Scroll Right Scroll Left

Appleの「OS X Leopard」の新しい設定機能を利用すれば、親は子どものネット利用時間を管理したり、特定のウェブサイトや、インスタントチャット、「iTunes」といった特定のアプリケーションを利用できないようにしたり、子どもがネットで何をし、誰と通信しているかをモニターしたりできる。

提供:Apple

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社