お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、エンタープライズ検索ツールを無償提供へ

2007/11/07 11:10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Microsoftは同社のエンタープライズ検索ツールの適正価格を見つけたと考えている。その適正価格とは、無償である。

 2008年から、Microsoftは「Microsoft Search Server 2008 Express」と呼ばれる新製品を無償提供する計画だ。この製品では、複数のデータベース、社内のコンピュータシステム、インターネットにまたがる検索結果をまとめて閲覧することができる。Microsoftでは無償の製品に加えて有償バージョンも計画している。有償バージョンは基本的に無償バージョンと同じだが、複数の物理サーバで実行できるライセンスが受けられる。Microsoftは、有償バージョンの価格について2008年の発売日が近づいた時点で発表すると述べている。

 しかし、Microsoftは現時点で製品を発表することによって、ある程度の注目を集めておいて、最終的にはエンタープライズ検索とウェブ検索の両方で同社の地位を高めてくれる製品を発売したい考えだ。

 「われわれは、エンタープライズ検索は転換点にあると本気で考えている」と、エンタープライズ検索のグループ製品マネージャーを務めるJared Spataro氏は言う。「人々は将来になって現在を振り返り、検索が単なる消費者のツールからビジネスで活用できるツールになったのはまさにこのときだったと思うに違いない」

 Microsoftは米国時間11月6日にExpressの「リリース候補」のテストバージョンを公開し、完成版および有償版を2008年初頭にリリースする計画であることを正式に発表する予定だ。いずれのバージョンも、社内にあるファイルの検索機能と、Google News、Wikipedia、BusinessWeekといった社外のウェブサイトやデータベースを検索する機能が組み合わされる。

 両方の製品には、初期状態でMicrosoftのLive.com検索エンジンの検索結果も含まれ、「more results(さらに多くの結果)」をクリックするとブラウザの中でLive.comに導かれる仕組みだ。MicrosoftではLive.comの検索結果へのリンクを削除し、他の検索プロバイダーの結果を含めることができるようになると言っている。

 これらの新製品は「Microsoft SharePoint Server」から派生した製品である。SharePoint Serverには企業版ソーシャルネットワーキングプログラムとして使用できる人探しツールのような企業ポータルのための追加機能が搭載されている。

 IBMはすでにYahooと協力して無償のエンタープライズ検索ツールを提供している。Googleも、Autonomy、Fast Search & Transfer、Endecaのような企業と同様にエンタープライズ検索に投資している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社