お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「Windows Vista SP1」のベータ版入手--特出した機能はなし

2007/10/04 10:18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もし「Windows Vista Servive Pack 1(SP1)」が出るまで「Windows Vista」に移行するのを待とうと思っている人がいるとすれば、Microsoftの話をきく限り、その必要はない。

 MicrosoftのWindows担当シニアプロダクトマネージャーであるPete McKiernan氏がCNET News.comに語ったところによると、サービスパックの目的の1つは、リリース済みのパッチすべてを1つのパッケージに収めることであるという。Windows Vista SP1にもこれが当てはまり、それ以外にホームユーザーに提供される機能はほとんどない予定だ。

 大きく騒がれた「Windows XP SP2」のリリース時とは異なり、Windows Vista SP1には「Internet Explorer」の新バージョンは含まれず、絶対に必要だと思われる新しい機能も含まれない予定である。Windows Vista SP1における拡張のほとんどは、内部的なものであり、企業ユーザー向けである。つまり、Windows Vista SP1には特出した機能はない。

 Microsoftは現在、Windows Vista SP1を世界中の約1万2000台のマシン上でベータテスト中である。ベータテストに参加するユーザーは今後さらに増える予定だ。しかしその数は、2006年にWindows Vistaが製造工程向けにリリース(RTM)されるまでのテスター数推定500万人には達しないと思われる。

 われわれが驚いた点は、Microsoftがこのサービスパックに関しては非常に控えめであるという点である。それはなぜだろうか?Windows Vistaには自動アップデート機能があるため、ほとんどのユーザーにとってWindows Vista SP1のリリースは画期的なイベントにはならないのである。CNETが入手したレビュー用コピーを試したところ、新しくWindows VistaをインストールしたばかりのマシンにSP1をインストールするのに約2時間かかることがわかった。その理由の1つは、アップグレードの前に、さまざまなパッチやアップデートをインストールしてOSを最新の状態にしなければならなかったためである。

 では、「アップデート」には何が含まれているのだろうか? McKiernan氏は、Windows Vista SP1に搭載される予定の機能として2つの機能を挙げていたが、いずれもWindows Vistaに移行するかどうかを迷っているユーザーを後押しするようなものではない。1つは、Windows Vistaの「Enterprise」および「Ultimate」エディションのみに搭載されたドライブ暗号化システム「BitLocker」の改善である。SP1をインストールするとBitLockerは、USBドライブを除く複数のドライブボリュームを暗号化可能となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社