お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「Facebook」支援者のThiel氏、AI時代の投資戦略を語る

2007/09/10 18:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--PayPalの共同創設者で、現在はベンチャーグループClarium Capital Managementの社長を務め、「Facebook」の支援者でもあるPeter Thiel氏は米国時間9月9日、人工知能(AI)のカンファレンスSingularity Summitで講演し、投資に関するシンプルなアドバイスを示した。人間より賢いAIが登場する時代、いわゆるシンギュラリティ(特異点)の際には、大災害保険に投資せよ、というのだ。

 これはまさに投資の権威Warren Buffet氏が何気なしにとってきた戦略で、Buffet氏のポートフォリオはこの10〜15年の間に、保険および大災害保険会社へとシフトしてきた、とThiel氏は語る。「Buffet氏はかつて、Dairy Queenのようなバリュー株(割安株)に重点的に投資していた」

 2日間にわたってサンフランシスコで開催されたSingularity Summitのホスト役を務めたThiel氏は、Singularity Instituteに50万ドルを投資してきた。Singularity Instituteは創設5年目を迎える非営利の研究団体で、このイベントを主催している。

 「AI、あるいはAIに近いものは、もはや新しい話題ではない。取り上げる価値がある唯一のテーマはおそらく、AI分野への投資だろう」(Thiel氏)

 「物事が極端にうまく運んだり、極端に悪く進んだりする可能性のある世界では、正規分布の鐘形曲線のすそ野はより広くなり、さまざまな種類の行動につながる。シンギュラリティが大成功して史上最大のブームを引き起こすか、あるいは、世界を吹き飛ばして投資の対象が一切なくなる、とも考えられる」と、Thiel氏はジョークを交えて語った。

 「後者の悪い方向の予測は、投資の観点からは好ましくない。シンギュラリティを信じるなら、良い方向の予測に賭けるしかないのだ」と、Thiel氏は付け加えた。

 何が起こるにせよ刺激的な時代になるだろう、とThiel氏は述べた。「世界の終わりを予測する人々を片付けるのは簡単だ。こうした人々は、ずっと昔から間違ってきた。この先はとてもエキサイティングな時代になるだろう。Buffet氏は最善を尽くしているのかもしれない」

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社