お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「Windows Server 2008」の発売は2008年2月--MSが発表

2007/07/11 11:07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コロラド州デンバー発--Microsoftは米国時間7月10日、次期サーバOS「Windows Server 2008」の正式発売が2008年以降になることを発表した。

 Microsoftは、Windows Server 2008を2007年末までに完成させ、2008年2月27日にロサンゼルスで開催されるイベントで発売するという。同社はまた、「Visual Studio 2008」および「Microsoft SQL Server 2008」も同じイベントで披露する。Microsoftはこのたびの発表を当地で開催中のWorldwide Partner Conferenceで行った。

 これまで「Longhorn Server」というコード名で呼ばれていた新OSには、スクリプティングツール「PowerShell」、ロールベースの設定オプション、そしてネットワークアクセス保護機能が搭載されている。

 追加情報:Microsoft関係者は10日、Windows Server 2008のコードは、引き続き年内の完成を予定していると述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社