お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

JR北海道、ICカード導入開始時期を前倒し--名称は「Kitaca(キタカ)」

2007/06/15 09:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR北海道はこのほど、札幌圏でのICカード導入開始時期を2008年秋に変更すると発表した。

 JR北海道では、2009年度初頭からのICカード導入に向けて準備を進めていたが、システムおよび各機器の仕様検討が順調に進んでいるため、導入開始時期を前倒しすることになったとしている。

 導入エリアは、函館本線の小樽〜札幌〜岩見沢、千歳線の札幌〜新千歳空港〜苫小牧、学園都市線の札幌〜北海道医療大学の、無人駅を含む55駅となっている。

 あわせて、ICカードの名称およびキャラクターなどについても発表した。カード名称は、「JR“北(キタ)”海道のIC“カ”ード」を略して「Kitaca(キタカ)」。キャラクターは、北海道全域だけに生息するリス科モモンガ属の小動物「エゾモモンガ」に決定された。

カードデザイン 発表されたICカードのデザイン。カード右肩にあるのがキャラクターのエゾモモンガ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社