お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本SGI、セグウェイのロボット研究開発支援プラットフォームを発売

2007/02/20 22:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本SGIはこのほど、米セグウェイのロボット研究開発支援プラットフォーム「セグウェイRMP」シリーズの国内販売を開始した。

 セグウェイRMP(Robotic Mobility Platform)シリーズは、日本SGIが2006年10月から国内販売している立ち乗り電動二輪車の新型モデル「セグウェイPT(Personal Transporter)」シリーズをベースに構成されたロボットの研究開発支援プラットフォーム。セグウェイの最大の特徴であるジャイロセンサによる倒立振子(バランス制御)型自立機構を備えている。

RMP200 セグウェイRMP 200

 セグウェイRMPシリーズによって、従来ロボット開発で障害となっていたロボットの倒立の制御に関する技術に労力を費やすことなく、迅速にロボットの開発環境を得ることができる。研究開発者は、本来の目的とは異なるロボットの駆動装置などの開発から開放され、目的テーマに専念してのロボット開発を効率的に進めることが可能となる。

 日本SGIは、セグウェイRMPの販売開始にあたり、国内の研究機関や大学をはじめロボット開発を進めている企業に同製品を販売するとともに、システムインテグレーションやコンサルティングもあわせて提供する。また日本SGI内でも、ロボットの利用技術や具体的なアプリケーション開発において活用していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社