お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

サン、Microsoft Office用にODFとのコンバータを提供へ

2007/02/08 11:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsが、OpenDocument Format(ODF)と「Microsoft Office Word 2003」ファイル間の双方向の互換性を実現するプラグインをリリースすることを米国時間2月7日に発表した。

 プラグイン「StarOffice 8 Conversion Technology Preview」は、OpenOffice.orgのプラットフォームをベースに開発される。オープンソースのオフィススイートであるOpenOffice.orgでは、複数の民間企業や政府組織が採用するXMLベースの標準ファイル形式ODFが採用されている。ODFは、Microsoftが擁するファイル形式「Open XML(OOXML)」と競合関係にある。

 Sunによると、Microsoft Officeのユーザーは同プラグインを使うことにより、ファイル容量をさほど増やすことなく「Microsoft Office Word」のドキュメント(.doc)と「OpenOffice Writer」のドキュメント(.odt)の変換が可能になるという。

 Sunの広報担当Terri Molini氏によると、プラグインの初期版は2月中旬にSunのOpenOfficeサイトから無償でダウンロードできるようになるという。このプラグインは「.odt」とWord 2003の「.doc」ドキュメントの変換にしか利用できないが、Sunは4月までに、スプレッドシートやプレゼンテーションファイルを変換する機能も追加する考えだ。同社ではさらに、Microsoft Officeの古いバージョンをサポートするか否かについて検討している。

 Microsoftも2月初め、ODFとの間でファイルフォーマットの変換を行うWord用プラグインを公開している。Microsoftも将来的にスプレッドシートやプレゼンテーションファイルを変換する機能も追加する計画だと発表している。

 ODFは、2005年5月にOASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)、そして2006年5月にはISO(International Organization for Standardization)で標準として承認されている。一方、MicrosoftのOOXMLは、2006年12月にEcma Internationalに標準規格として承認されている。Microsoftと競合するSun、IBM、Novellの各社はODFを支持している。Sunは、自社が公開したStarOfficeの技術を元にOpenOffice.orgが開発されていることもあり、OpenOffice.orgに多くのコードを提供している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社