お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フォトレポート:インテルのゲルシンガー氏、IDFで基調講演

2006/09/28 22:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Intelのデジタルエンタープライズ部門ゼネラルマネージャーであるPat Gelsinger氏が米国時間9月27日、サンフランシスコで開催されているIntel Developer Forum(IDF)に登場し、4コアプロセッサやx86命令の拡張、他社製チップとの接続技術など、各種の取り組みや技術を披露した。写真で同氏が持っているのは、4コアプロセッサである新型「Xeon」(開発コード名「Clovertown」)。11月に出荷を開始する予定。
 Intelのデジタルエンタープライズ部門ゼネラルマネージャーであるPat Gelsinger氏が米国時間9月27日、サンフランシスコで開催されているIntel Developer Forum(IDF)に登場し、4コアプロセッサやx86命令の拡張、他社製チップとの接続技術など、各種の取り組みや技術を披露した。写真で同氏が持っているのは、4コアプロセッサである新型「Xeon」(開発コード名「Clovertown」)。11月に出荷を開始する予定。
Scroll Right Scroll Left

 Intelのデジタルエンタープライズ部門ゼネラルマネージャーであるPat Gelsinger氏が米国時間9月27日、サンフランシスコで開催されているIntel Developer Forum(IDF)に登場し、4コアプロセッサやx86命令の拡張、他社製チップとの接続技術など、各種の取り組みや技術を披露した。写真で同氏が持っているのは、4コアプロセッサである新型「Xeon」(開発コード名「Clovertown」)。11月に出荷を開始する予定。

提供:Stephen Shankland

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社