お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アドビ、「Acrobat 8」を発表--ウェブ会議サービス「Connect」も追加

2006/09/19 12:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは11月、同社のPDFソフトウェアを「Acrobat 8」へ更新する予定だ。アップデート版には、同社がMacromediaから取得したウェブ会議サービスが追加されるという。

 Adobe Systemsは米国時間9月18日、Acrobatの新たな製品ラインアップと価格帯を発表した。同製品のアップグレードとともに、Adobeは「Acrobat Connect」と呼ばれるホスティングサービスの提供も始める。同サービスは、PDFファイル内のボタンをクリックすることで、ウェブ会議を開始できるというものだ。

 Adobeの幹部らは、同社は今後もAcrobat製品にコラボレーション機能を追加していく意向だと述べている。

 Connectは、以前は「Macromedia Breeze」と呼ばれていたウェブ会議製品の名称を変更したものである。

 PDFファイルからConnectサービスを利用すると、ウェブブラウザを介して第3者にドキュメントを閲覧させたり、デスクトップ全体を見せたりすることができる。また、「Adobe Flash Player」と連係していることから、Connectを利用してインスタントメッセージングでチャットをしたり、電子メール経由でチャットに招待したりすることも可能になっている。

 Adobeでは同サービスをホスティングし、個人向けには月額39ドル、もしくは年額395ドルで利用可能にする。サービスの提供開始は、11月半ばに予定されている。

 企業顧客に対しては、ユーザーがインストールし保守管理する、業務用バージョンが用意された。

 そのほかAcrobat 8には、複数の異なるドキュメントをPDFファイルと合成する機能も搭載されている。

 日本国内では、「Adobe Acrobat 8 Professional」「Adobe Acrobat 8 Standard」が11月下旬から提供される予定となっている。価格はProfessionalの通常版が5万7540円、Standardの通常版が3万6540円。また、無償のPDF閲覧ソフト「Adobe Reader 8」は12月から提供される予定となっている。

 Connectの日本語版となる「Adobe Acrobat Connect Professional」は、12月中旬からパートナー企業から提供される予定。日本のアドビシステムズでは同製品の価格について、最小構成で320万円程度になるとしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社