お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、「Longhorn Server」の新ビルドをリリース

2006/09/14 12:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが、「Windows Server」(開発コード名「Longhorn」)第2ベータ版のバグを修復し、パフォーマンスおよび信頼性を向上させた新ビルドをリリースした。

 週末にかけて、Microsoft Developer NetworkおよびTechNetの登録者に対し、Longhorn Serverの「August Community Technology Preview(CTP)」が配布された(ビルド番号は5600)。なお9月初頭には、「Windows Vista Release Candidate 1」がリリースされている。Vistaの次回アップデートは、2007年初めに予定されている。

 Microsoftは2006年5月、Windows VistaおよびLonghorn Serverの第2ベータ版を同時に発表したが、Longhorn製品版のリリースは2007年後半になる見込みだ。Longhorn Serverの第3ベータ版は、2007年前半に提供されることになっている。

 Microsoftによれば、Vistaに加えられた重要な改良点のすべてが、Longhorn Serverの新ビルドにも実装されているという。主な改良点は、起動時間や設定時間などを含む、安定性とパフォーマンスの問題に集中している。また、VistaおよびLonghorn Serverは、共通のコードを基礎に用いることになる同社では述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社