お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

シーゲイト、垂直磁気記録方式の3.5インチHDDを発表

2006/04/19 18:39
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Seagateは、垂直磁気記録方式を採用した3.5インチのディスクドライブを発表した。垂直磁気記録方式は、HDD技術に影響を与え始めたストレージの限界を打開する技術として期待されており、Seagateにとって初の同技術採用3.5インチHDDとなる。

 Seagateは今回、「Cheetah」ブランド下で3種のディスクドライブを発表した。同製品は、業界で最速のデータ伝送速度を誇るという。

 「Cheetah 15K.5」は、データ伝送速度が73mbps〜125mbpsで、垂直磁気記録方式を利用していない「Cheetah 15K.4」と比較すると30%速度が改善されている。

 Cheetah 15K.5は、容量に応じて3機種で展開され、プラッタ4枚で300GB、プラッタ2枚で147GB、プラッタ1枚で73GBとなっている。

 Seagateはこれまで、サイズはそのままで容量を大きくする方法として、垂直磁気記録方式に取り組んできた。HDD技術のほとんどは、ディスクに対して縦方向にデータを記録することになる。

 この場合、ディスク容量はビットとビットの間隔という制限を受け、(SeagateやIBMなど)メーカーの多くは、物理の法則により、ディスクドライブはリニアにビットの間隔を狭められないと警告してきた。

 垂直磁気記録方式のハードディスクは、磁気記録面に対して水平方向ではなく、垂直方向に磁界をかけてデータを記録する。その結果、それぞれのビットの記録に用いる領域が狭まり、記録密度やデータへのアクセス速度の向上が図られている。

 Seagateはすでに、3月再販事業者に向けて出荷を開始した2.5インチ型HDD「Momentus」を発表しており、自社を「垂直磁気記録方式革命」におけるリーダーであると標榜している。Momentusは、回転速度が4200rpm〜7200rpmで、30Gバイト〜160Gバイトの容量を持つ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社