お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「あれはただの戦術」--専門家がMSのファイルフォーマット標準化を疑問視

2005/11/24 12:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftがOffice 12のファイルフォーマットを欧州の標準化団体ECMA Internationalに提出すると決定したことについて、業界観測筋が懸念を示している。

 Microsoftは米国時間21日、Office 12のファイルフォーマットをもとに、完全にドキュメント化された標準「Microsoft Office Open XML」を完成させるには約1年かかることを明らかにした。

 しかし、OvumのリサーチディレクターGary Barnettは、同フォーマットが「本当にオープン」なものになるとは思えないと述べている。

 Barnettは「今回の措置は、商用製品のドキュメントフォーマットをオープンであるかのように見せかけるMicrosoftの戦術だ」と述べ、Microsoftのファイルフォーマットがオープンだと言われるに値するのは「同社が、フォーマットのコントロールをあきらめ、標準化団体にアクセス権を与えた場合」のみだと述べる。

 Microsoftは、ファイルフォーマットをコントロールし続けることで、自社の都合のよいときにその仕様を変更することできる。そうすることで、同社はこの標準仕様を製品に適用しようとする競合企業に対し、有利な立場に立てるとBarnettは指摘する。

 Open Source ConsortiumのエグゼキュティブディレクターMark Taylorも、MicrosoftはOffice 12のファイルフォーマットを、最初に述べていたほどオープンにはしないだろうと述べている。

 「(Microsoftは)Officeで築き上げた市場の独占状態を、XMLの時代でも維持したいと考えている。オープンスタンダード分野のゲームで、紳士的な戦いをしたいと考える企業が、この分野の特許取得を考えるだろうか」(Taylor)

 しかし、OpenDocumentフォーマットを支持する気運が高まるなか、Microsoftの措置について好意的な見方をする業界観測者もいる。

 RedMonkのアナリストJames Governorは「(OpenDocumentフォーマットをめぐる)現行の議論が、Microsoftを少しずつオープンにさせているのだろう」と述べている。

 Microsoftはこれまで、自社製品でOpenDocumentをサポートすることを拒否してきた。BarnettとTaylorは、こうした点についても、Microsoftのオープンスタンダードに対する姿勢を疑問視している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社