お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、機能限定の低価格SQL Server 2000を発表

2005/04/05 14:38
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは4月5日、小規模企業および部門システム向けのデータベースソフトウェアMicrosoft SQL Server 2000 Workgroup Editionを発表した。販売開始日は、ボリュームライセンス版が5月2日、パッケージ版が5月13日。

 SQL Server Workgroup Editionについて、同社は「すでに提供しているSQL Server 2000 Standard EditionやSQL Server 2000 Enterprise Editionと同等の、堅牢性の高いリレーショナルデータベース機能を備える」と説明する。その一方で、価格を抑えるために、分析サービスとレポーティングサービスは搭載しない。利用可能なシステムの規模も、最大2プロセッサ、最大メモリ2GBに制限した。

 レポート作成/多次元分析/データマイニング機能の追加や、システム拡張が必要な場合は、SQL Server Standard Edition、SQL Server Enterprise Editionにアップグレードできる。

 ライセンスは、大きく分けてSQL Server Workgroup Editionのみにアクセス可能な「Server&5 Workgroupクライアントアクセスライセンス(Workgroup CAL)」と「プロセッサライセンス」の2種類を用意する。法人顧客向けライセンスプログラムSoftware Assurance(SA)が付属するバージョンも販売する。推定小売価格は以下の通り。

【Server&5 Workgroup CAL】

  • [Open License] Open Business:9万2200円
  • [Open License] Open Business アカデミック版:4万4300円
  • [Select] Select価格レベルA:8万8700円
  • [Open License] Open Business(SA 2年付き):12万7200円
  • [Select] Select価格レベルA(SA 1年付き):10万5600円

【プロセッサライセンス】

  • [Open License] Open Business(SA 2年付き):64万6000円
  • [Open License] Open Business アカデミック版(SA 2年付き):31万300円
  • [Select] Select価格レベルA(SA 1年付き):53万5600円

マイクロソフトのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社