お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

TKC、LGWAN経由でサーバを監視する自治体向けASPサービスを展開

2005/03/07 14:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TKCは3月7日、地方自治体向けのサーバ稼働状況監視サービス「TKC行政ASP/LGWAN-ASPサーバ監視サービス」の正式提供を開始した。なお、正式提供に先立ち、埼玉県皆野町でテスト運用を実施していた。

 同サービスは、地方自治体向け行政専用ネットワークである総合行政ネットワーク(LGWAN)を経由して、TKCインターネット・サービスセンター(TISC)からサーバの稼働状況を監視するASPサービス。専門スタッフが庁内のTASK.NETおよびe-TASK用サーバの状態を監視し、システム停止やパフォーマンス低下などの異常を発見すると、システム管理者に警報/通知する。

 また、監視結果やサーバの使用リソースなどの診断データを1週間ごとに分析し、レポート形式で報告する。「今後導入される予定の情報セキュリティ監査向け資料として、役立てることも可能」(同社)

 同社では、2007年9月にはほかのASPサービスと合わせ、700団体への導入を目指す。

TKC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社