お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

キヤノンSOLとSAPジャパン、著作権管理ソリューションで協業

2005/02/21 14:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンシステムソリューションズ(キヤノンSOL)とSAPジャパンは2月21日、著作権管理ソリューション分野で協業すると発表した。メディアエンターテインメント企業に対する著作権管理ソリューションの導入促進と、エンタープライズソリューションの市場開拓に共同で取り組む。

 SAPジャパンは、ERPパッケージ上で動作する著作権管理アプリケーション「SAP Intellectual Property Management」(SAP IPM)を提供している。両社は、SAP IPMをベースに、帳票やレポートのテンプレート開発、特殊なロイヤルティ計算に対応するプログラム開発など、日本企業向けの機能を共同開発する。

 2社は、著作権管理ビジネス、コンテンツライフサイクル管理に関するセミナーの開催、ソリューション共同提案など、著作権管理ソリューションのマーケティング活動でも協力する。さらに、商標や特許といった産業財産権の管理に向けたSAP IPMの展開も検討していく。

SAPジャパンのプレスリリース
キヤノンシステムソリューションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社