お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NEC、ホットプラグ対応2.5インチSATA HDD搭載ブレードサーバを発売

2005/02/16 16:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは2月16日、IAサーバExpress5800/BladeServer製品系列の新モデルとして、ホットプラグ対応2.5インチ型シリアルATA(SATA)ハードディスク搭載ブレードサーバExpress5800/110Ba-m3の販売を開始した。税別価格は24万8000円。2月18日に出荷を開始する。

 プロセッサは動作周波数1.80GHzのインテルPentium Mプロセッサ745を採用し、消費電力を「ノートPC並み」(同社)の約41Wとした。メモリはDDR266DIMMに対応し、最大2GBまで拡張可能。高さ3U(約133mm)のブレード収納ユニットに10枚格納できる。収納ユニットは、現行機種との混在搭載に対応。

Express5800/BladeSever
(左)ブレード収納ユニット
(右)CPUブレード<110Ba-m3>

 統合管理ソフトウェアSystemGlobe BladeSystemCenterと仮想サーバ管理ソフトウェアVMware VirtualCenterとの連携も行える。VMware VirtualCenterを利用すると、異常発生時に処理を別の仮想サーバに移して業務を継続することや、負荷分散/パフォーマンス維持などが可能となる。

 VMware VirtualCenterは、SystemGlobe BladeSystemCenterとのセット製品であるSystemGlobe BladeSystemCenter仮想サーバ管理セットとして提供する予定。価格は322万円から。2005年第1四半期中に出荷を開始する。

NECのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社