お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本HP、PCライフサイクル全体をカバーするモジュール型管理サービス

2005/01/27 15:28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は1月27日、クライアントPCの導入から運用、廃棄までのライフサイクル全体をカバーする企業向け総合サービス「HP PCクライアントマネジメントソリューション」の受注を開始した。

 従来のクライアントPC向け管理サービスについて、同社は「顧客ごとに内容や範囲を見積もるオーダーメイドのサービスが一般的なので、サービスへの投資効果の可視化や、利用サービスの見直しによるコスト低減が困難」と指摘する。

 こうした問題を解決するため、同社は、保守サービスやアウトソーシングサービスとして実施していた各種サービスを集約/体系化し、単一体系に沿った数十種のサービスコンポーネント(モジュール)に編成した。機能別のモジュールでサービスを提供することで、「必要なコストを最適化できる」(同社)。具体的には、「調達/供給」「ITアセット管理」「IMACD(設置/移動/追加/構成変更/廃棄)」「ソフトウェア管理」「保護/セキュリティ」というメニューに分け、各メニューから必要なモジュールを組み合わせて利用する。

 保守サービスやファイナンシャルサービスも統合し、PCクライアントの保守サービスを希望する顧客や、運用や資産管理などの業務委託を希望する顧客にも、「幅広い選択肢を用意する」(同社)。現行環境からPCクライアントマネジメントソリューションによる運用への移行支援や、運用コンサルティングなども行う。

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社