お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

サムスン、新型フラッシュメモリカードを発表--サイズは指爪大

2004/12/15 10:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Samsungが同社最新のリムーバブルストレージ製品を発表した。携帯電話機への採用を想定したこのマルチメディア・メモリカード(MMC)の大きさは、標準的なMMCの4分の1しかない。

 MMCmicroのサイズは縦12mm、横14mm、厚さ1.1mmで、標準的なマルチメディア・メモリーカード(縦24mm、横32mm、厚さ1.4mm)の4分の1、また小型MMC(Reduced-size MMC:縦24mm、横18mm、厚さ1.4mm)と比べても3分の1程度の大きさだ。

 2002年に発売された小型MMCは、携帯電話機市場をねらったものだったが、端末の小型化が進み、機能もさらに強力になっていることから、MMCmicroを採用すれば大きなアドバンテージを得られると、Samsungでは説明している。

 「SamsungのMMCmicroは、これほどサイズが小さいにもかかわらず、高い信頼性を持ち、優れた性能を発揮することが、広範なテストを通じて証明されている」と、同社は今週発表した声明の中で述べている。

 Samsungによると、MMCmicroカードは当初32Mバイト、64Mバイト、128Mバイトの3種類が発売される予定で、データの読みとり速度は毎秒10Mバイト、また書き込み速度は毎秒7Mバイトになるという。同カードと携帯電話機をつなぐインターフェースの転送速度は理論値で最大26Mバイト/秒となっている。

 なお同社は2005年初めにMMCmicroカードの量産に入る予定だと述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社