お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CA、Ingresデータベースソフトをオープンソースに

2004/11/02 18:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Computer Associates International(CA)は米国時間1日、同社のデータベースソフトIngres r3をオープンソースソフトとしてリリースした。

 同社は、 Ingres r3のLinux版とWindows版を公開したが、これにはCA Trusted Open Source Licenseというオープンソースのライセンスが適用される。このライセンスでは、他者による同データベースのソースコード閲覧や、ソフトウェアの無料ダウンロード、他のバンドル製品への組み込みなどが可能。

 Ingres r3のリリースにあわせて、CAは同データベース関連の有償サポートサービスを4種類発表した。このサービスには法的補償が付属する。顧客企業は、同データベースの利用にあたり、商用のソフトウェアライセンスではなく、継続的なサポートサービスに対して料金を支払うことになる。

 1万5000社以上の顧客企業が利用するIngresデータベースを中心に、オープンソースプロジェクトを後押しするというCAの判断は、同社のオープンソース戦略の第一歩となるものだ。同社は、データベース市場でわずかなシェアしかないIngresを活性化し、他のオープンソース製品に対するサービスを展開したいと考えている。

 CAは、Ingres r3に含まれる各種の機能について、Oracleや他のデータベース・ソフトウェアメーカーの製品と十分に競争できるものだとしている。Ingres r3にはシステム障害を防止するクラスタリングソフトウェアや、「スケーラブルな」クラスタ構築用ソフトウェアが含まれている。

 CAは、オープンソース戦略の一環として、開発者にデータベース移行ツールを開発させるために賞金総額100万ドルのコンテスト実施を約束していた。これらのツールは、Oracle、IBM、Microsoft、Sybaseの商用データベース製品からIngres r3への移行を容易にするものだ。

 数十億ドルの規模を持つデータベース市場では、オープンソースソフトの影響力が高まっている。MySQLでは売上が急増しており、またIBMは今年に入って自社のCloudscapeというデータベースを中心とした「Derby」というオープンソースプロジェクトを立ち上げている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社