お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

IBM、Linux搭載の廉価版OpenPowerサーバを発表

2004/09/14 21:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米IBMは13日(米国時間)、Power5マイクロプロセッサとLinuxオペレーティングシステム(OS)を搭載したOpenPowerサーバシリーズの廉価版「OpenPower 720」を発表した。

 すでに報道されている通り、OpenPower 720は、通常、より高度なシステムに見られる機能を搭載している。IBMによると、64ビット対応のPower5プラットフォームはさらに拡張可能という。

 まず、OpenPower 720には1.5GHzか1.65GHzのどちらかのPower5マイクロプロセッサが搭載される予定だ。4ウェイラックマウント型かタワー型かの選択が可能で、最大メモリ容量は64Gバイト。OSは、SuSE Linux Enterprise Server 9とRed Hat製Enterprise Linux AS 3 Update 3をサポートする。

 IBMによると、米国では9月24日に出荷が開始され、価格は5000ドルから。また同社は、OpenPowerの仮想化オプションとして、ワークロード管理用の自社製サーバ仮想化エンジン「Virtualization Engine」のコンポーネントを2004年第4四半期に発売予定で、価格は2000ドルから。

 さらにIBMは、2005年上半期にOpenPowerシステムの2-way版をリリース予定という。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社