お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本HP、64ビット対応Xeon搭載ワークステーションなどを発表

2004/06/29 17:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は6月29日、64ビット拡張テクノロジ対応インテルXeonプロセッサ搭載のワークステーション「HP Workstation xw8200シリーズ」および「HP Workstation xw6200シリーズ」と、3.60GHz版インテルPentium 4プロセッサ搭載の「HP Workstation xw4200シリーズ」を発表した。

 xw8200とxw6200に搭載されるXeonプロセッサは64ビット拡張テクノロジに対応しており、32ビットおよび64ビットの両アプリケーションを実行できる。高い演算処理性能と広大なメモリ空間を備え、2Gバイト以上の大規模データ演算が可能という。「32ビットアプリケーションとの互換性を確保しながら64ビットOS/アプリケーションに対応するので、64ビットコンピューティングへの移行時に既存投資を保護できる」(日本HP)

 一方、xw4200シリーズは動作周波数3.60GHzのインテルPentium 4プロセッサとともに、インテル925X Expressチップセットを搭載したことで、パフォーマンスを大幅に向上したという。

 そのほかに、xwシリーズは、AGP 8xの2倍に相当する毎秒4Gバイトの帯域幅を持つPCI Express x16グラフィックス、DDRよりも高速/省電力のDDR-2メモリ、転送速度1.5bpsのHDD用インターフェースSATAといった新しい技術も採用している。

 いずれの製品も、標準的な構成以外にプロセッサ、メモリ、HDD、グラフィックスなどを自由にカスタマイズできる注文仕様生産(CTO)に対応させる。標準モデルは7月1日に、CTOモデルは7月中旬より順次販売を開始する。ただし、xw4200のCTO対応は8月上旬の予定。

 各シリーズの概要と税込み価格、出荷開始時期は以下の通り。

  • HP Workstation xw8200シリーズ:
     ハイエンドCAD、デジタルコンテンツ制作(DCC)、ノンリニア編集、レンダリングクラスタ、EDAに最適なハイエンドワークステーション。23万9400円から。7月下旬
  • HP Workstation xw6200シリーズ:
     64ビット対応MCAD、金融、クラスタリングに最適な省スペース型ワークステーション。19万9500円から。7月下旬
  • HP Workstation xw4200シリーズ:
     CAD、CAM、DCCやワークステーションのエントリユーザーに最適なシリーズ。14万9940円から。8月中旬

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社