お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

EMCとサムスン、ストレージでの提携を明らかに

2004/06/07 16:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ストレージ大手のEMCは先週、サムスンとの提携に基づき成長市場であるアジアでストレージシステムを販売することについて、計画の詳細を明らかにした。

 2社によると、この提携によりSamusungは、EMCのClariion級のストレージシステムを「StorageMax」という自社ブランドの下で提供するという。将来的には、共同で製品開発も行う予定だ。

 この提携はEMCが結んだ最新の提携となる。同社は、競争が激化する市場のなかでIBMやHewlett-Packardなどの大手ベンダーを相手に戦わねばならない状況に置かれている。これらのベンダーはストレージシステムに加え、サーバやPC、サービス、その他の技術を提供しており、さらには、大規模で世界的な営業チームも抱えている。

 強いストレージ製品を持たない主要PCサーバメーカーと提携を結ぶことで、EMCはフルサービスの技術契約を顧客から取り付けやすくなる。また、パートナー企業の既存営業チームを通して幅広いユーザーにアクセスすることも可能となる。

 EMCはDellとも同様の提携を結んでおり、米国の中小規模企業をターゲットとしている。それ以外にも、EMCは欧州市場をターゲットとしてFujitsu-Siemensと提携を結んでいる。

 Samsungはまず初めに、韓国市場にフォーカスし、中小企業を狙う。営業は、自社サーバやその他の機器をEMCのストレージ機器と結びつけて展開する。Samsungは北米市場では部品や家電製品の販売に力を注いでいるが、アジア市場では企業向けハードウェア一式を提供するベンダーだ。

 Samusungの電子コンピュータおよびインターネットシステム部門バイスプレジデントのKim Han-Suは韓国のソウルで先週、「中小規模企業市場にフォーカスを絞って取り組む。ストレージ製品で1700万ドルを売り上げることが私のミッションだ」と語った。

 EMCとSamsungが協力関係で合意に至ったことを発表したのは少し前のことだ。だが2社は当初、提携の詳細について明らかにしなかった。

 「Samsungは、EMCにとって役に立つ技術を有している。われわれは、お互いの研究センターに自分たちの開発研究部隊を派遣し合っている」とEMCのエグゼクティブバイスプレジデントJoel Schwartzは述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社