お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本IBM、バックアップ&リカバリソフト導入済みノートPC ThinkPad T42を発表

2004/06/02 15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは6月2日、新型ノートPC「ThinkPad T42」14モデルの出荷を6月4日に開始すると発表した。バックアップ/復旧ソフトウェアを初期導入したほか、プロセッサ、グラフィックスLSI、無線機能などを強化したという。さらに、同社はプロセッサを低電圧版インテルPentium M プロセッサ(1.30GHz版)に強化したノートPC「ThinkPad X40」3モデルを6月4日に出荷開始することも明らかにした。

 ThinkPad T42は、バックアップ/復旧ソフトウェアRescue & Recovery with Rapid Restoreの最新版を初期導入。インテルPentium Mプロセッサ745/735、ATI MOBILITY RADEON 9600搭載モデルを用意した。全モデルで54Mbps対応の無線LANの利用が可能(上位モデルはIEEE 802.11a/b/gの3規格に対応、その他モデルは同b/gの2規格に対応)。ディスプレイとして15.0型IBM FlexView Displayを搭載するモデルもある。

 同社の直販価格は、ThinkPad T42が20万3700円(税込み)から、ThinkPad X40が23万7300円(税込み)から。

日本IBMのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社