お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、セキュリティ評価ツールMBSAの正式版を提供開始

2004/05/25 14:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは5月25日、Windows用のセキュリティ評価ツールMicrosoft Baseline Security Analyzer 1.2日本語版(MBSA 1.2)の正式提供を開始した。同ツールを使用すると、セキュリティ更新プログラムがインストールされているかどうかを確認できるほか、IIS、SQL Server、アプリケーションなどについてセキュリティ構成の状態を検査できる。

 同社(日本法人)は、ベータ版を2004年1月20日に公開しており、同日提供を開始したMBSA 1.2は正式版に相当する。今回のバージョンでユーザーインターフェースが日本語化されたほか、Exchange Server 2003、Microsoft Office System、Microsoft Data Access Componentsなどのセキュリティ更新プログラムをチェックする機能も追加された。

 マイクロソフトはMBSA 1.2を同社のウェブサイトで無償提供している。HfChkNetなどの同社が提供するツールからの移行に関する情報も同ウェブサイトに記されている。なお、MBSA1.1.1用データベースの提供は2004年7月14日に終了する。

マイクロソフトのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社