お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、オープンソース開発サイトでWindowsツールを公開

2004/05/14 22:47
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは今週、Windowsプログラムが簡単に開発できるよう考えられた、既存のテンプレート集をオープンソースコミュニティ向けに公開した。これにより、プログラム開発者はこのテンプレートに自由に手を加えられるようになる。

 Microsoftは11日夜、OSDNが運営する世界最大のオープンソース・ソフトウェア開発サイト「SourceForge」で、同社のWindows Template Libraryを公開した。このライブラリは、開発者がWindowsプログラム用のグラフィックインターフェースをより簡単に作成できるように設計されたコード集だ。同テンプレート集は、過去5年間、Microsoftの開発サイトで無料で配布されてきていたものだ。

 MicrosoftがSourceForgeサイト上で、オープンソースライセンスに基づいてコードを発表するのは、今回が2度め。同社は2回ともライセンスとして、Common Public License(CPL)を利用した。Microsoftは今年4月に、Windows Installer XML(WiX)のコードを公開したが、これは同社のWindows製品用のインストールパッケージを、XMLソースコードで構築するためのツールを集めたものだ。

 今回公開されたテンプレートに関しては、開発者はそれらを基礎とした新たなプログラムを開発したり、またそれ自体を修正することも可能となった。

 「(Microsoftがコードを公開するのは)今回が全く初めてというわけではない」と語るのは、MicrosoftのShared Source Initiative担当マネジャーJason Matusow。「過去には、われわれが十分なソースコードを公開していないと懸念する声があった」(Matusow)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社