お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Linux PC上でWindowsアプリが走る--米メーカーから「仲人」ソフト

2004/04/23 19:08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州サンディエゴ発--一般のコンピュータユーザーにとってのLinuxは、男性にとっての結婚と似ている。試してみたい気はするものの、いざとなるとなかなか腰が上がらない・・・。

 テキサス州オースティンのソフトウェアメーカーNeTraverseでは、そんな一般ユーザー向けに、Linux PC上で手軽にWindowsやWindowsベースのアプリケーションを実行できる製品を提供している。

 当地で開催中のDesktop Linux Summitに出展するNeTraverseの最高経営責任者(CEO)James Curtinは、自社製品の「Win4Lin」について、企業がWindowsからLinuxへの移行を進める際の橋渡し役を務めるものと説明している。

 WindowsからLinuxにOSを移行する際、なかにはどうしても替えがきかないアプリケーションが出てきてしまうことがよくあると同氏はいう。「この2割のソフトウェアが、Linuxを採用する際に発生する問題の8割を占める」(Curtin)

 Win4Linを使えば、WindowsがLinuxのアプリケーションとして動くようになることから、少なくとも一時しのぎに手段にはなり得る。先ごろストレージ大手のEMCが買収したVMWareの製品のような、一般的な「エミュレータ」プログラムとは異なり、Win4LinはLinuxと同じ共有メモリを使い、WindowsをLinuxアプリケーションの1つとして実行する。

 Win4Linには2つのバージョンがあり、1つは標準的なデスクトップ向けで、もう1つはサーバ向けだ。後者は、Windowsや関連アプリケーションを中央のサーバ上で動かし、企業の従業員が必要に応じて利用できるようにするものだ。

 サーバ版のほうは、管理が簡単な点以外にも、いくつかの利点がある。たとえば、特定の社員がオープンソースの代替アプリケーションを十分に使いこなせるようになったと判断すれば、管理者が適宜Windowアプリケーションへのアクセスを止めるといったことができる。

 Windowsアプリケーションのうち、オープンソースで簡単に代用がきかないものとしては、Microsoftのチャート作成アプリケーションVisioやプロジェクト管理パッケージのProjectなどがあるとCurtin。一方、個人ユーザーはIntuitのQuickenやQuickBooksなどの家計簿ソフトがなかなか手放せないという。

 Curtinはまた、Windowsの古いバージョン向けに開発したカスタムアプリケーションを抱えている顧客が多いとも指摘した。これらのカスタムアプリケーションをWindows XP用に書き直す作業は、Linux用に書き換えるのと同じくらい複雑なことから、この場合にはLinuxへ移行する方がコスト的に有利である。Win4Linは、OSをLinuxに移行中のユーザーにとって、セーフティネットの役目を果たす。「現在われわれは医療関係の多くの企業と取引しているが、こうした企業には以前開発したWindows98用アプリケーションをたくさんあり、しかも、今となってはだいぶガタがきている」(Curtin)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社