お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

テンアートニがOSDLに参加、データセンターへのLinux導入を後押し

2004/04/21 09:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米オープン・ソース・デベロップメント・ラボ(OSDL)は4月20日、テンアートニ(喜多伸夫社長)がOSDLに参加し、Linux発展のためにOSDLのデータセンターLinux(DCL)およびキャリアグレードLinux(CGL)ワーキンググループに参加する予定であると発表した。

 テンアートニの喜多伸夫社長は、「日本の企業各社は急速にLinuxに移行している。当社は、グローバルなLinuxエコシステムにおいて、さらに密に協業するためにOSDLに参加し、データセンターにフォーカスして、エンタープライズ市場のおける大規模Linuxシステムの導入を加速していきたい」と述べている。

 テンアートニは、97年設立以来、オープンソーステクノロジーをベースに事業を展開してきた。同社のミッションは、顧客企業の課題に応えながら常に最先端のテクノロジーを提供することにあり、Linuxサポート、プロフェッショナルサービス、およびシステム開発に加え、幅広いLinuxハードウェア/ソフトウェア製品を提供している。

 とくに、同社のオリジナルブランド「ノーザンライツ」のLinuxアプライアンスサーバーは、使いやすく、構築やメンテナンスが容易なハードウェアデバイスとして、Linuxのパワーと柔軟性をアジア企業に提供している。

OSDL
テンアートニ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社