お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

日本エフ・セキュア、公共機関向け個人情報保護ソフトを発表

2004/03/25 15:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本エフ・セキュアは3月25日、官公庁/自治体向けの個人情報保護ソフトウェア「SSH情報保護パッケージ」を発表した。ネットワーク暗号化ツールSecure Shell(SSH)の商用版であるF-Secure SSHを使用し、クライアントとサーバ間のデータトラフィックを暗号化することで、盗聴、改ざん、パスワード取得、なりすましなどによる情報漏えいを未然に防ぐ。

 クライアントとサーバ間の通信は、クライアントによるサーバ認証後に共通鍵を生成して開始するので、それ以降のクライアント認証はすべて暗号化できる。したがって、アプリケーションなどの認証に使うIDやパスワードも暗号化の対象となる。認証方式はパスワードやPKIのほか、SecurID、RADIUS、ケルベロス、PAMなどの利用が可能。

 SSH情報保護パッケージは、有料のF-Secure SSHサーバ版と無料のF-Secure SSHクライアント版で構成する。サーバ版の価格は1サーバ当たり20万円。クライアント版の導入数に制限はない。2年目以降も継続使用する場合は、1サーバ当たり年間4万円のサポート料が必要となる。

 対応OSは、サーバ版がUnix、Linux、Windows NT4.0/2000/2003、クライアント版がUnix、Linux、Windows 95/98/Me/NT4.0/2000/XP。

日本エフ・セキュアのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社