お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

NEC、姿勢/照明の変動に強い顔照合アルゴリズムを開発

2004/03/22 15:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは、顔の立体データを使って本人確認を行う3次元顔照合アルゴリズムを開発した。同社が3月22日に明らかにしたもの。同アルゴリズムについて、同社は「姿勢や照明の状態が変化しても高い精度で照合できる」とする。

 同アルゴリズムは、3次元顔データから任意の姿勢/照明変動を効率的に記述できる測地照明基底(GIB)記述子を生成し、これを登録データとして利用する。GIB記述子を使って照合対象と登録データの類似度を計算することで、「照合精度が同社の従来方式に比べ約24倍向上した」(同社)。同社が実験したところ、「照明環境や照合対象者の顔の姿勢が大きく変動する条件下でも、本人照合率96.5%という世界最高の照合精度を実現できた」(同社)という。

 また、顔画像と3次元顔モデルを比較する際に、顔の姿勢の差異を高速に計算する仮想オプティカルフロー(IOF)法を採用し、照合速度を従来手法の約3倍に高速化した。

 同社は、現在ドイツのハノーバーで開催中のCeBIT 2004で、同アルゴリズムのデモンストレーションを実施している。さらに、東京工業大学で開催される電子情報通信学会総合大会で、3月25日に技術発表を行う。

NEC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社