お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

P2Pコラボレーションソフト「Groove」に新版--Windowsとの連携強化

2004/03/12 13:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Groove Networksは15日(米国時間)より、同社ソフトウェアの新バージョンのテストを開始する。この新バージョンでは、外出先・出張先の従業員がプロジェクトでコラボレーションしやすくなるよう設計され、またMicrosoft製品との連携機能も強化されている。

 同社によると、今夏完成予定の「Groove」バージョン3では、ユーザーインタフェースや全体の性能が改善されるほか、従業員が同僚やビジネスパートナーと情報共有しやすくするためのツールが追加されるという。

 さらに新バージョンでは、MicrosoftのWindowsオペレーティングシステム(OS)のファイル閲覧アプリケーションWindows Explorerへのアドオンも内蔵され、ユーザーがWindows内の文書を閲覧・共有できるようになるほか、インスタントメッセージを使って通信することも可能になる。同社では、この新バージョンでWindows OSとの統合が進むことにより、Grooveの利用者が増えることを期待している。

 Grooveでは、たとえば複数の人間が関係する文書作成作業など、進行中の複数のプロジェクトを確認できる「ワークスペース」が提供されており、ユーザーはインスタントメッセージでお互いに連絡を取り合うことができる。このソフトウェアはP2Pで通信できるよう設計されていることから、各コンピュータは中央のサーバを介さずに、直接互いにメッセージやデータをやりとりできる。

 「我々は、とても分散化されたやり方で仕事を進めている。そのため、このやり方に合う技術をつくらなくてはならない」とGrooveの創業者であるRay Ozzie。同氏はもともとLotus Notesを開発した人物だ。

 Groove Networksは1997年10月にOzzieが興した会社で。設立3年後にはユーザー同士がインターネット経由でコラボレーションできるようにするデスクトップソフトウェアの第1バージョンをリリースした。

 データの保存にパソコンをつかい、また中央に置かれたサーバも利用するこの製品のアーキテクチャは、企業向けにアピールするものとして設計されていた。バージョン3では、企業が外部組織とコラボレーションしやすくなるという。

 Grooveバージョン3のクライアントソフトの価格はこれまでと変わらず、1ユーザーあたり69ドル。Professionalライセンスは140〜179ドルで、プロジェクトマネジメント用の「Team Direction」は229ドルとなっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向け に編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社