お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

HyperTransport 2.0が発表へ--PCI Expressもサポート

2004/02/03 18:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 標準化団体HyperTransport Consortium は来週、PCコンポーネント間の高速接続を実現する新しい仕様を発表する。

 IBMやAdvanced Micro Devices(AMD)など大手ハイテク企業が支援する業界団体、HyperTransport Consortiumの関係者によると、同団体は9日(米国時間)にHyperTransport標準の新版、HyperTransport 2.0を発表するという。

 新しいバージョンでは接続速度が初期版に比べ最大75%向上し、パソコンと周辺機器間、およびパソコン同士の高速接続を実現する新標準、PCI Expressもサポートする。

 HyperTransport 2.0はチップ間のデータ転送速度を劇的に向上させる見込みだ。従来のHyperTransport標準の最大データ転送速度が毎秒およそ12.8ギガバイトだったのに対し、今回の新版を採用した32ビットプロセッサの場合は、毎秒20ギガバイトのデータ転送が可能になる。

 これまでHyperTransport標準を支援してきた企業の中でも、最も影響力のあるAMDは、自社のOpteronと64ビットAthlonプロセッサでHyperTransport技術をサポートしている。HyperTransport Consortiumのその他の参加企業としては、Apple Computer、ストレージ大手のEMC、さらに半導体メーカーのTexas InstrumentsやNational Semiconductorなどが挙げられる。

 一方、AMDのライバルであるIntelは、PCコンポーネント間接続のための現行標準であるPCIのアップデート版、3GIOを後押ししている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社