お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ホライズン、電子申請サービス向けのアンチウイルスソフト

2004/01/19 10:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホライズン・デジタル・エンタープライズは、官公庁や自治体の提供する電子申請サービス向けアンチウイルスソフトウェア「HDE Anti-Virus 3.5 電子申請パッケージ」を、2月17日から全国のパートナー・ソフトウェア販社経由で販売開始する。

 新製品は、官公庁や自治体のWebサーバに送信されるデータをリアルタイムにチェックし、ウイルスに感染する危険性を未然に防ぐことが可能なアンチウイルスソフトウェア。

 ユーザー数ベースで課金するこれまでのゲートウェイ型アンチウイルスソフトウェアでは、利用者が不特定多数のサービスで利用することは困難だったが、新製品では、Webサーバ数ベースでの価格体系になっているため、利用ユーザー数が不特定な電子申請においても、費用の見積もりを容易に行うことができる。

 主な特徴としては、

  1. 低スペックのマシンでも十分なパフォーマンスを発揮するフィンランドF-Secure社の軽量Anti-Virusエンジンを採用
  1. 24時間体制で稼動しているF-Secureウイルス研究所で、新種のウイルスに対しても迅速にパターンファイルの作成・更新を実施
  1. HTTPプロトコルを高速リアルタイムスキャン

 ――など。

 価格は、「HDE Anti-Virus 3.5 電子申請パッケージ」が100万円。「HDE Anti-Virus 3.5 電子申請パッケージ 追加サーバーライセンス」が50万円。標準で1年間のメール、FAXによる問い合わせ、およびソフトウェアバージョンアップ、ウイルスパターンファイルのアップデート権利を付属しており、次年度以降は、標準価格の50%の価格で年間サポートを購入できる。

 同社では、電子申請サービスを提供している官公庁、自治体をターゲットに、年間100本の販売を見込んでいる。

ホライズン・デジタル・エンタープライズ
「HDE Anti-Virus 3.5 電子申請パッケージ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社