お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米Dellと米EMC、提携が満2年に--累計7000台以上を販売

2003/11/26 17:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンピュータメーカーの米Dellと、ストレージ専業メーカーの米EMCの提携関係が、24日(米国時間)にまる2年を迎えた。この間に、両社は7000台以上のストレージシステムを顧客に納入したという。

 この提携のもとで、DellはEMCのいくつかの製品を再販し、またDell/EMC CX200というディスクストレージアレイを製造している。

 調査会社米IDCのデータによれば、Dell/EMC製品の売上は好調で、Dellのストレージ関連の売上を伸ばす原動力となっている。IDCによると、Dell/EMCのディスクストレージシステムは2002年に、Dellのディスクストレージ関連ハードウェアの総売上11億ドルの4分の1にあたる、2億6900万ドルを稼ぎ出したという。これに対して、2003年前期の売上は3億700万ドルに達しており、これは同社のディスクストレージ関連ハードウェア総売上6億7600万ドルの、実に45%にあたる。

 「(Dell/EMCは)これまで好調で、今後もさらに売上を伸ばし続ける」と、EMCプラットフォームマーケティング部門のバイスプレジデントのChuck Hollisは、11月24日に行われた電話会議のなかで語った。

 IDCでは、2003年のディスクストレージシステム市場について、全体では1%以下しか成長せず、212億ドル規模になると予想している。

 IDCのアナリストJohn McArthurは、Dell-EMC連合が、同氏の予測を超えたという。同氏は、両社が「Dellがより複雑な製品の売り方を学ぶ」「EMCが自身の製造プロセスをシンプル化する」という2つの課題を、なんとか乗り越えた結果だとしている。

 McArthurによると、Dell/EMC製品群は、成長中のローエンド市場で、米Hewlett-Packard(HP)と競合しているという。同市場は、電子メールサーバなどを扱うタスクを処理するシステムをターゲットにしている。対象となるのは中小企業のほか、大企業の部門レベルなどだ。

 Dell/EMC CX200は、5.9TB(テラバイト)のデータを保持でき、SAN(Storage Area Network)の中で動作させることができる。また両社は、同製品以外にも、Dell/EMC CX400/CX600というより大容量かつ高性能な製品を販売している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社