お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

インテル、SAP、NTTコム、NECが、無線LAN対応のCRMソリューション提供に向け協業

2003/11/25 14:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテル、SAPジャパン、NTTコミュニケーションズ、NECの4社は11月25日、無線LANベースの企業向けモバイルCRMソリューションの利用促進/市場開拓に向け協業すると発表した。これにより4社は、「それぞれ技術やリソースを提供し、企業の営業担当者や保守サービス員などの外勤者が社内外で顧客対応業務などを処理できる環境の実現を目指す」という。

 具体的には、パイロット企業による検証を通し、業務動線の最適化、最新技術による業務プロセス見直し、顧客サービスレベル向上について評価し、成果を2004年前半に発表する予定。また、「パイロット活動の成果を各社の製品やサービス計画に反映させ、共同マーケティングに繋げられるよう協議を進める」(4社)としている。さらに、各種販促/技術支援セミナーによる市場開拓、導入見込み企業へのコンサルティング、ベンチマーキング、設計/構築支援サービスの共同実施に向けても協議する。

 各社の役割は以下の通り。

  • インテル:
     インテル Centrino モバイル・テクノロジ搭載ノートパソコンと、Intel XScale テクノロジ搭載した携帯情報端末に関し技術協力するとともに、規格標準化についての情報提供を行う。インテルのソリューション・サービス部門が、CRMシステムを構成するセンター側サーバの構築を支援する
  • SAPジャパン:
     無線LANインフラですでに動作検証が完了していて早期導入が可能な、モバイル環境向けCRMアプリケーション群、mySAP CRMを提供する
  • NTT コミュニケーションズ:
     無線LANサービス「ホットスポット」のアクセスポイント設置およびユーザー獲得を進める
  • NEC:
     CRMソリューション体系、iBestSolutions/eCRMの提供とシステムインテグレーションを行う

インテルのプレスリリース
SAPジャパン
NTTコミュニケーションズ
NEC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社